ホーム > 育児 > ジュースやお茶類ではなく水を与える

ジュースやお茶類ではなく水を与える

子どもの脳というのは幼児期に通常の大人の場合の脳の8割を超すぐらいまで成長します。



その先は使う程度によって段階的に発達し、例えるなら筋肉を鍛えて大きくするみたいに、知能に刺激を与えることによってさらにレベルがアップしていきます。


栄養摂取においてはカルシウムやビタミンB1が脳機能にとって必須の栄養分です。さらには話題の成分であるDHA・EPAというのは脳内で情報の伝わり方を促進する効果で知られています。



年中イライラしていたり、簡単なことで怒り出すおこちゃまたちが急増しているとも言われています。もちろん現代社会特有のストレスもあると思うのですが、いつも食べているもの、特に砂糖の過剰摂取にも結びつきが感じられます。


糖分を必要以上に摂ると低血糖症へと繋がります。白砂糖などの糖質は血糖を上げるスビートが急速です。


その変化を止めようとしてインスリンという膵臓から出されるホルモンが大量に分泌され低血糖の各種の症状に繋がります。

寝ることは不安や心配を和らげたり、ストレス解消にも役立っています。
まだ成長期の子の場合、付け加えて脳が発達する上で深い関連性があります。だからこそ、よく眠ることというのは、発達途上のおこちゃまの脳を完成させる目的でもカギなのです。

もし睡眠バランスが狂うことが続くと、脳の発達が大きく遅延するという状況もありえます。

海藻には血管の老化の予防や改善に繋がる不飽和脂肪酸と呼ばれる成分を有します。



特にDHAの役割は見逃せません。
これは幼い子の知能の生育にプラスになると考えられている成分です。
海藻類が希少な滋養分を持つのは、海洋のエキスが凝縮され蓄積されているからです。海藻をよく取り入れたご飯を毎日摂取して、海の力で丈夫な体を作りましょう。

幼い時期は生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)習慣をしっかりさせましょう。
寝付くのが遅くなるほど、朝の起床も遅くなってしまい、生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)リズムは徐々に狂っていきます。それにより、自律神経のバランスも狂って、年齢を重ねていくに伴って、身体と心の平衡を崩すことも考えられます。幼児期に期待される睡眠の時間は、夜は8時までに寝て、朝は6時起床という感じです。このような生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)習慣を3歳まで身につけさせられるといいですね。

最近の子というのは背丈がスーッと高くて手と足もかなりロングで、旧時代の人たちよりクールなスタイルです。

これというのもコメを主とする和的な食習慣から肉類を中心とした欧米型のメニューに趣向が変わってきたためです。しかし、糖尿病(自覚症状はあまりないことが多いですが、合併症により深刻な後遺症が残ったり、死に至ることもあります)やガンなど昔は日本には縁がないと思われていた病気なども多くなっています。
もっと心配なのは小児の生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)習慣病・肥満もどんどん多くなっていることです。お子さんが飲み物を欲する時は、ジュースやお茶類ではなく水を与えるほうが勝っています。いろいろな添加物が入っていないので、細胞に吸収されるのが早いのです。特に起きてすぐに水をコップ1杯飲用すれば、胃に対する反射で交感神経が亢進し胃腸の消化のための準備が万全になります。がぜん食欲がわいてきて、冷水のクールな感覚でスッキリとした目覚めを感じることができるでしょう。

水分は血液・体液として人体のにおいて、重要な役目をしています。
1杯だけの水でもその価値は貴重で、大腸の蠕動運動を活性化してスッキリに役立ったり、美肌効果があったり、食前に摂取すると食物の消化を促進したり、汗や尿を出すのを後押しして、体内の不要物の排泄にプラスとなっています。
そして疲れてしまった時、ナーバスになる時もそれを落ち着かせる効果も水にはあるのです。

心身いっしょに大きく育っていく子はいろんな栄養が全体として満たせるご飯を急がずにゆっくりと楽しい雰囲気で食べるのが最善です。しかし、適切な量以上に大食すると、持と持と身体がもとめる滋養分の適切な構図が破壊されることがあります。とある幼稚園では食べられ沿うなぐらいの飯の量を自分でつがせて、自らが食せる量の範囲を実感できるようにさせているようですが、中々本質をついたやり方だと感じました。海藻は野菜にも負けないミネラルとかビタミン類などうれしい栄養をたっぷりと有しています。



さらに血液中の白血球を強力にし、生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)習慣を原因とする諸々の病気を予防する成分を持ち、免疫力を向上させるのにかなり御勧めの食品です。

なんと海藻の食物繊維は水に溶けるのです。

腸内の善玉菌をいっぱいに増やし、大腸の運動がスムーズにいくよう助け、疲労回復に欠かせないビタミンB群をどんどん合成させるなど重要なはたらきをしています。応募者全員プレゼント